2009年06月28日

6月28日 28〜30時限目

どうもこんばんは。 ケイです。
連休を利用した教習生活最終日、日曜日でした。
午前中1時間、午後2時間の計3時間。
これが無事終われば31時限目、見極めに入れます。
ここまで来ると、A、Bコースを1回ずつ走り、ひたすら課題の練習です。
とにかく苦手なのが一本橋。
普通に渡るとだいたい9秒。 頑張ると10〜11秒ぐらいで渡れます。
しかしこの一本橋、検定では落ちると一発で失格なんです。
このプレッシャーが私を容赦なく襲い掛かってきます。
だったら普通に渡って9秒で減点を狙うか??
と、既にマイナス思考に突入中…
うーん…
今週末土曜日に予約している見極めで、頑張って渡ってみて、落ちる気配が無ければ本番にチャレンジしてみることにします。

調べてみたら、ヤフー知恵袋に検定内容について書いてありました。

・法規走行(走行レーンや一時停止、安全確認やウィンカーのタイミング等 卒業検定では著しい違反行為があると失格)
・直線狭路(通称「一本橋」 長さ15m・幅30cmの橋を7秒以上かけて渡る 卒業検定では途中で脱輪したら失格)
・S字&クランク(その名の通りS字路とクランク路を通過する 卒業検定ではコース縁のパイロンに接触したら失格)
・スラローム(4.5m間隔で27mの距離に縦に並んでいるパイロンを左右交互に8秒以内で通過する 卒業検定ではパイロンに接触したら失格)
・急制動(40km/hまで加速、制動開始地点から11m以内で止まる 卒業検定ではオーバーランしたら失格)
・坂道発進(上り坂の途中で停止、その場から再発進する 卒業検定では著しく下がったら失格)

これならば普通に渡って9秒ぐらいならば減点で、その他で大きなミスをしなければ合格は出来そう。
うーん、こうして見てみると、二輪の検定って、四輪の検定に比べてかなり難易度が高いですよね。
この他にも失格する事項として、車両停止場所の黄色線を踏んでしまうと失格だそうです。
あー………

すごいプレッシャーだ………
posted by 格mama at 20:27 | 埼玉 ☔ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

6月24〜27日 18〜27時限目

どうもこんばんは。 ケイです。
連日の教習で、かなり体力的にグッタリな状態です。
勢いで会社を3日休み、教習の実技にとっぷりと浸かりましたが、かなり疲れますね。
では早速初日の内容から。

18時限目(2段階の4時限目)は…
まぁAコース、Bコースを交互にやってましたね。
20時限目まで同じです。 ひたすらAとBコースの練習です。
(胸につける番号も青2)
21時限目はシミュレーターを使った練習です。
特に難しい事はありません。 普通に走るだけです。
どちらかと言うと、教官のお言葉が厳しいのが印象的でした。
埼玉県だけで1日で300件近い人身事故が発生しているのだそうです。
そして死亡事故も発生しています。
死亡事故の50%以上が、運転者による交通ルール違反が原因になっているのだとか。
教習官曰く。
世の中を走っている車両の90%は何かしらのルール違反を行っている。
オレが警察署長になったら、全て逮捕するね。
例えば右左折にしてもそう。 車両が完全に方向が変わるまで、方向指示器を消してはならない。
これは交通法規で決まっている事だから。 走ってる車両の大半が違反だよ。
…とのこと。
全員逮捕は極端な部分があるかもしれませんが、違反は違反です。
法規はしっかりと守りましょう。
続けて車の免許を取る時に習っていたハズなんですが、忘れていたのでメモを。

信号の赤・黄・青、それぞれどんな意味がありますか?
赤→停まれ
黄→停まれ
青→進め

これではアウトなんですね。
青は「進め」ではなく「進む事が出来る」なんですよ!
いやー、てっきり進めだと思ってたので、これはしっかりと頭に叩き込む必要がありますね…

はい、で、22時限目と23時限目。
この時間はコーナー中の障害物回避や、コーナー中の急停止の危険度を確かめる時間です。
教習開始後、10分ぐらいで終了します(笑)
残りの時間はずっとA、Bコースの周回をして終わり。

24時限目はセット教習です。
3人1組でシミュレーターで運転していき、それぞれの人の良い所、悪い所を羅列すると言うもの。
うーん、他人に見られて批評されるの、結構緊張するもんですね…。
私の悪いクセなんですが、基礎が出来ていないと言われてしまうとその通りなんですが、ブレーキ時のクラッチを握るのが早いんです。
マニュアルの車を運転するときのクセと同じで、前の信号が赤の時とか、ニュートラルに入れたまま惰性で走っているので、それがそのまま二輪にも…。
これは直さないといけませんね。 他は特に問題無さそうでした。
このシミュレーターが面白くて、市街地走行や高速道路の練習なんですが、
市街地で停止している車の横を通過する時、急にドアが開いたり、車両の陰から他の車が出てきたり…
羅列すると危ない点は大量にあります。
それこそ、一時不停止のトラックまで出てくる始末(笑)
私は危ない所でなんとか回避でき、衝突を回避しました。
ここはファミコン世代と言う事で、こうゆうのが得意なんです。
他の二人は見た感じ、10代後半〜20代前半といった感じで、各人2回ほど衝突していました。
他に踏み切り一時停止無視や消防署前の停止禁止エリアへの停止等、結構、違反をしていました。
これは実際に車を運転していたりしないと、結構気が付かない違反なのかもしれませんね。
セット教習の残り1時間は学科です。
二輪車における二人乗りの知識です。
一般道→免許取得後1年未満は禁止。
高速道→20歳未満または免許取得後、3年未満は禁止。
だそうです。 高速道路は3年未満は禁止… 結構長いなぁ〜…

25〜30時限目まで、A、Bコースの他、1段階目の課題走行が主です。
今日は25、26、27と練習してきました。
A、Bコースはほぼ完璧に出来まして、波状路も慣れてきたもんです。
ただ、やっぱり車両の相性は大切ですね。
No10の車両が取れなかったので、昨晩見たホラー映画の影響でNo13(金曜日w)を選んだんですが、クラッチレバーが曲がってるorz
しかも下に曲がってるもんだから、握り辛いったらありゃしない!
半クラッチが難しく、最初に挑んだ一本橋で転落(汗)
なんとも暗い気分のままで25時限目終了。
25時限目の教官アドバイス。
「○○さん、特に無いね。 しばらく青の5だから頑張って。」
以上(笑)
土曜の夜、26&27時限目。
A、Bコースを1回やり、教官から課題に入るようにとのこと。
No10の車両をゲットしたのもあり、意気揚揚とスラローム、一本橋とクリア。
精神的余裕とでも言うのでしょうか?
やっぱ半クラッチとか慣れているNo10がやりやすくてたまらない!w
教習が始まるまでの時間に休憩エリアで読んだ、
「バンクのコツ、ヒザ擦りは必要!?」
みたいなコラムがスラロームでは役に立ちました!?
たくさんのプロのドライバーがコラムで書いていたのですが、やっぱりみなさん、バイクを傾けて曲がる時は少なからず恐怖心があったとのこと。
どこまでバイクを傾けられるか、傾け過ぎて転ぶ事もあり、その「転ばない」限界のものさしがひざ擦りなんだそうです。
人間、20歳ぐらいで成長はほぼ止まっていますから、どれぐらいでひざを擦るのかとか、ものさしに使えるんだそうです。
教習所ではひざ擦りなんてやるほどバンクさせません。
スラロームだけでなく、ニーグリップを行い、バンクさせます。
でも、ひざをするほど傾けてることって絶対に無い訳で、そう考えたら思い切り車体を倒してスラロームに挑戦しても、ぜんぜん問題無いんだなと考えるようになりました。
すると、スラローム時に教官ほどではないけれど、テンポ良くアクセルを開けられる!
「今の格好良く出来たんじゃね!?」
と自分でも自己満足に浸れるような走行が出来る事も何回かありました。
こうして26、27時限目は終了。
原本をもらう時の教官からの一言。

「○○さん、ほぼ完成してるね。 この調子なら卒検も大丈夫だよ。」

おおおおお!
こんなこと言われてしまうと、調子に乗ってしまうじゃないですかーーー!

そんな自分に一言。

おごるなかれ。

卒業して初めて意味があるんだ。
卒業できないと意味は無いんだ。
今日だって1回、一本橋で落ちたじゃないか。
スラロームだってちょっと失敗した感じの所もあったじゃないか。
見極めと卒検に向けて、必死に練習を続けます。

恒例だったいいな〜と思っているバイク4号。

DAEG.jpg

カワサキ ZRX1200 DAEGです。
前回までのスーパースポーツではなく、国産ネイキッド。
これぞカワサキ! 日本のバイク!!
YZF-R1とかは1000ccで180馬力とか、とんでもないスピードを出す事が可能ですが、
ZRXは1200ccで110馬力ぐらいです。
でも、高速道路でトンデモないスピードを出したりする機会は無いでしょうし、
性格的にもネイキッドがあっているのかなと感じています。
スーパースポーツに乗り始めると、毎年のようにニューモデルが出て、○馬力上がった ココを改造しなきゃ!
と、強迫観念めいた思想を抱いてしまいそうで…
過去にパソコンのCPUクロック周波数最高速を追い続けていたこともあったので、
私にスーパースポーツは危ない!?

会社の人にはスーパースポーツが欲しい〜 と言ってますが、ZRXが本命です(笑)
posted by 格mama at 22:40 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

6月21日 二輪教習16〜17時限目

こんばんはー、ケイです。
今日も元気に教習に行ってきました。
しかし生憎の雨でして、気分は少しドンヨリ。
Bコースを覚えなければならなかったので、少し早めに行って予習です。

Bコース概要

スタート地点からスタート。

普通にコースを1周走り、S字スラローム手前で右折。

信号通過、見通しの悪い交差点の車両の横を通過し、一時停止を左折。

コースを半周し、S字スラロームに進入。

S字スラローム通過後、一段階同様にクランクを通過。

この後、一本橋だった所が波状路に変更。

波状路通過後、右折して3/4周し、今度は踏み切り。

踏み切りを右折し、ゴール地点へ。

波状路は立ってバイクに乗るのですが、立ち方としては、燃料タンクの上にまたがるぐらいの気持ちで。
頭の位置は前後方向で腰の真上になるように。
1速で進入して、半クラッチにした状態で、凹凸を前輪が超える時にアクセルを開ける。
これを通過するまで繰り返す。

のですが、アクセルを開けるタイミングが… 頭ではわかっているんですが、手が動かない!
お〜これぞ三十路マジック!? 不器用な私だけ!?
ひたすらBコースを走って16時限目は終了。

17時限目はAコース、Bコース、好きなコースを走ってと言われ、A、Bを繰り返して走る事にしました。
が、Bコースばかり走っていたので、Aコースをド忘れ(汗)
走って地図を見に走り、走り出すと言う、失態を…。
これを17時限目は2回ほどやっておりました。
ただ、教官はA、Bコースを初めて走る人達を見るので忙しいらしく、私は完全放置状態。
完全一人旅みたいな感じでした。
教習所を思う存分走り、少し楽しかったです(笑)

こうして17時限目、あっさり終了。
教官に放置されていたこともあり原本渡し時のアドバイスは、
「しばらく同じ時間だからね、がんばって。」
おい教官! ありがたいアドバイスおくれよ!(涙)
無事、教習を終えられたので、今日は幸せ一杯。

それでは… 恒例のアレはしばらくお預けです!
posted by 格mama at 20:41 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

6月20日 二輪教習14〜15時限目

どうもー。 ケイです。
必死に書いたブログが・・・ バックスペースで消えてしまいました。
セコセコ書いたのに・・・ クゥー(声にならないw)

はい、と言う訳で14時限目。 見極めです。
この時間までの総集編ですから、数週間前に行った、
・坂道発進
・連続スラローム
・一本橋
・急制動
このコースを久しぶりに走ります。
誰よりも準備を早く終え、前回乗り慣れた10号車をゲットしていた為、
半クラッチもスムーズに行え、坂道発進は楽にクリア。
連続スラロームはアクセルを開けるタイミングに苦心し、教官に1怒られ。
一本橋は恐れていたタイム計測が1段階見極めでは行わないようで、意識せずに走り、問題なくクリア。
急制動も晴れていたので問題無くクリア。
(まだ運良く雨の中の急制動を体験していないのが気になる所です。 練習の為、やっておきたい。)

この時点で何か問題があれば教官にお呼ばれしまして、問題がある項目について練習をさせられます。
私はクリア出来た為、次のステップに移行しました。
先週まで行っていた
・S字スラローム
・クランク
・一本橋
・40km/hでの車線変更
を行います。 こちらは先週まで練習していた為、そつなくクリア。
これを数周走り終えた所で14時限目終了。
教官の元に集まり、原本をもらいつつ総評を頂きます。

「○○さ〜ん」
「はい!」

と名前を呼ばれ、意気揚揚と教官の元へ。

「○○さんね、クランク、苦手かな? 半クラッチ使わないと転んじゃうから。 次の時間も見極めやろうか。」

ガーン ( ̄□ ̄;)!! 見極め失敗!?
と思ったのもつかの間。
どうも同じ苗字の方だったみたいで、その方は残念ながら見極め失敗となってしまったようです。
その後私が呼ばれ、走行中、ニーグリップが甘い時があるからとの注意を受けながらも見極めはクリア!
いやぁ〜、すごく嬉しいですね!
第二段階からは、第一段階で練習した二輪車の運転の基礎を元に応用を練習します。
そう、実際の市街地走行を想定したコースになっているんですね。
胸につけるナンバーの色が、一段階の赤色から二段階の青色になります!

15時限目。
まず、教官2人による市街地走行時のヒヤリとする場面の説明から。
・交差点でのサンキュー事故
・見通しの悪い交差点を通過するときの出会い頭の事故
・交差点で左折する車による巻き込み事故
これらの事故の場面を教官2人が実際のバイク、車を利用して説明してくれるんですが、
息ピッタリの2人による実演は、目の前で見ると本当の交通事故のように迫力があり、
すんげー怖かったです。 バイクは後輪をロックさせつつスレッスレで回避する姿とかは、プロって凄いな〜 とまじまじと感じる瞬間です。

15時限目からはコースが1段階目とは変わり、Aコース、Bコースの2種類を練習するそうです。
今日はAコースを覚え、練習です。
まぁ内容としては1段階目で走ったコースが混じっていたりして、コースを覚えるのが大変 ってだけです。
ただ私、今年から三十路突入と言う事もありまして、物事を暗記するのがとにかく大変なんです。
忘れないうちにコースをメモしておきます。 復習復習・・・

スタート地点からスタート。

普通にコースを1週周り、S字スラロームへ。

スラローム通過後、1段階目と同じように一時停止へ。

一時停止を左折し、直進。 コースを半周走行。

見通しの悪い交差点を左折し、信号を右折。
※この時、右折した先に車両がいて停車している場合、続いて行ってしまうと車間距離を確保した時に交差点内に入ってしまうためNG。
信号機で右折待ちをしましょう。

右折したら一時停止を左折。 左折したら1/4周走り、左折。 クランクへ。

クランク通過後、1段階と同じように一本橋へ。 一本橋通過後、右折。

3/4周走り、一本橋の道路まで来たら右折。 今度は一本橋ではなく踏み切りへ。

踏み切り通過後、右折してゴール地点へ。
※ゴール地点の左側にあるオレンジ色の車線は「縁石」と同じ意味を持っているらしく、停止時に踏んだらその時点で検定アウトとのこと。
※ゴール地点にある小さいカラーコーンに前輪の先端を合わせるように停車すること。 狙った場所に停車する練習を兼ねています。

メモここまで。
2周走ったら時間切れで終了。 明日はBコースの練習です。
Bコース、まったく覚えてない… 明日は早めに教習所に行って覚えようと思います!

恒例のいいな〜って思ってるバイク3号。

pic_003.jpg

YAMAHA YZF-R1です。
前回紹介したSUZUKI GSX-Rと同じ1000ccのスポーツバイクです。
もうこのクラスのバイクになってしまうと、みーんなモンスターバイクに思えてしまいます。
しかしどのバイクを見ても感じるのが機能美。
速く、ただ速く。 そこを追求されて形になったのがこの形なんでしょうね。
スポーツバイクは本当に格好いい。
そう感じさせられるバイクでした。

ただやっぱり、どのバイクはお値段が…(汗)

posted by 格mama at 19:36 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

6月13日&14日 二輪教習10〜13時限目

どうも皆さんこんばんは! ケイです!
昨日は10時間目と11時間目の教習でした。
前回の一本橋とスラロームの内容をブログを毎日読み返して復習し…
完璧にこなす! と意気込んで望んだ10時間目。
10時間目からスラロームとクランクです。
「あんなに必死に復習したのに…」
と思って凹みはしたのですが、復習はムダではありません。
スラロームと一本橋の応用が、S字スラロームとクランクなんですね。

スラロームはギアを2速で入りアクセルで車体を起こせることが重要です。
これが出来ないと、最初のコーナーで転んでしまいます。
もちろん曲がり方は車体を傾けて。
そして出口手前で左右を見渡し、他の車両が来ていないか確認。
来ていなければそのまま右左折。
来ていたら1速に落として停止。
この来ていた時の対応が案外大変なんですよね。
絶対に前輪ブレーキをかけてはいけません。
車体が傾いている状態ですから、前輪ブレーキをかけるとバランスを崩して転倒します。
スラロームもクランクも両方そうですが、前輪ブレーキを使ってはいけませんよ!

そしてクランク。
こちらは車体を傾けず、なるべく垂直の状態のままで曲がること。
2速のまま進入し、半クラッチを多用してスピードが落ちすぎないようにすること。
スラロームはクラッチは切りませんが、クランクはクラッチを切って速度を落とさないと、
車体が傾いてしまい、左右に並んでいるパイロンを倒してしまいます。

そしてコースの途中で一本橋がしっかりと用意されているのがにくい!(笑)
前回の復習をしっかりと思い出し、ニーグリップを意識して行い、見事走破。
途中の直線で時速40km/hでの車線変更があり、30km/hぐらいで3速に変速していて本日の1怒られ。
40km/hまで2速で引っ張って加速してから3速に変速しましょう。
スラローム、クランク、一本橋と行い、そして再び直線。
そんな感じで10時限目終了。
この教習が10〜13時限目まで続きます。
11時限目の教習官は例の鬼教官です。
10時限目同様に走り終え、鬼教官の一言。
「君、元気無いね? 短い直線でも元気良く加速しないと!」
はい、その通りです… 身に染みます。
ダラダラと2速で走っててはいけません、しっかりと加速、減速しましょう。
こうして土曜日は終了しました。

日曜日の教習開始です。
昨日、怒られた内容を思い出し、元気良く! 元気良く!!
短い直線でも1速だけではなく、2速も使って加速、減速を行います。
スラロームでは元気良くやりすぎて、足付きすることも。
勢いはほどほどにネ。
この時間で注意されたのは1回。
一時停止の所で前に停まっている車両との車間距離が短すぎたため。
1車両分は距離を取りましょう。
こうして元気良く走って12時限目終了。

続けて13時限目開始。
ここまで来ると、スラローム、クランク、一本橋共になんとなく形になってしまうから驚きです。
時間をかけて練習するって大事ですね。
教習官によるコツの伝授は、ものすごくタメになります!
耳で聞くだけではなく体で覚えましょう。
そして忘れないように何かに書き記しましょう。
復習、イメージトレーニングを何度もやりましょう。(私はこのブログです)
この時間で怒られたのは1回。
一時停止の停止線は、タイヤ1個分は距離を取りましょう。
そういえば私、自動車免許の卒検でも教習官に停止線の距離を注意されました。
停止線は距離を取りましょう。
教習を終えて、教習官のアドバイス。
「クランクでは半クラッチをしっかり使いましょう。」

次回、14時間目は1段階目の見極めです。
1週間後なので無事終了出来るかとても心配です。

今日使った教習車はNo10。
半クラッチもやりやすい、良い車両でした。
次回も狙え、No10!(笑)


皆さんお待ちかね。
いいな〜って思ってるバイク2号。

GSXR1000-2008.jpg

SUZUKI GSX-R1000。
以下wikipediaより引用。

2005年には、1000ccレースレギュレーション内でのさらなる出力増を主目的として2回目のフルモデルチェンジを受けた。エンジンはボアを1気筒あたり0.4mm広げた73.4mmとし、総排気量はほぼフルスケールの998.6ccとなった。最高出力は178PSに上昇し、乾燥重量166kgという軽量な車体と相まって、パワーウエイトレシオはF1に匹敵する0.93kg/PSを、あくまでカタログ数値上ではあるが達成した。前年登場のライバル各車がセンターアップマフラーを採用していた中で、R1000はオーソドックスな右出しマフラーを採用し続けた。スズキによれば、センターアップを採用しないことによりマスの集中化が図られ(マフラーという重量物をセンターアップより重心に近づける事ができる)、さらに軽量化にも有利とされた。この2005年モデルでスズキはスーパーバイク世界選手権にワークス体制で参戦し、それまでドゥカティの独擅場であった(過去18回のうちメーカータイトル13回、ライダータイトル11回をそれぞれ獲得していた)本シリーズのタイトル奪取に成功した。

英の自動車専門誌であるAUTOCAR誌恒例の0-100-0mphテスト(2005-9.Vol028)に飛び入り参加したGSX-R1000は、0-100mph加速においてフェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニに加え、ケーターハム、アリエルアトムなどの特殊スポーツカーをも含めた全ての超高性能4輪車に対して圧倒的な加速で勝利し、「最速のロードカーでさえ付いていくことは不可能だ」との評価を受けた。 (翌年号のテストにおいてレーシングフォーミュラーマシン(A1グランプリカー)に破られた。)


何このモンスターマシン!
魅力的過ぎます!(笑)

3号はがらりと変わる予定です。
posted by 格mama at 22:35 | 埼玉 ☔ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

6月6日&7日 二輪教習6〜9時限目

6時限目はシミュレーター教習です。
と言っても半分近い時間が教官の口頭による教育。
二輪と四輪の操作系の違いや、二輪特有の横風の影響、コーナーリング中のマンホールの恐怖!
私、横風受けてよろめいた所に前方からトラックが来てまして、たぶん肩をこするぐらいの距離まで近づきました!
横風怖いっす。
教官が言うに、実際はもっとスゴイとのこと。
十分気を付けましょう。

7時限目からは400ccを使った坂道発進、スラローム、一本橋、急制動の4つの練習です。
坂道発進は通常の発進に右足ブレーキ(後輪ブレーキ)を加えただけの動作なのですが、いつもの動作と少しでも違う点があると緊張してしまうのが人間ってもんですよね。
エンストしたって気にしないでいいと思うよ!(エンストした)
スラロームはアクセルで傾いた車体を起こす練習、アクセルワークの練習なので、かなり難しいです。
スピードをそこそこ出して、ダラダラとスラロームしていると教官に怒られます。
車体を傾け、パイロンとパイロンの間に差し掛かったらアクセルを開けます。
すると車体が起きるんですよ!
一本橋はコツを掴まないと難しいですね。
私はこの7時限目で一度も最後まで渡る事すら出来ず、かなり凹みました。
急制動は簡単。 2速で40キロまで引っ張り、3速で40キロを維持。
パイロンを通過したら前後ブレーキをしっかり使って次のパイロンまでに停まればOK。
停まる寸前にクラッチを握ると、3速のままなので簡単にエンストします。
ここが注意点ですね。
後は恐れずしっかりとブレーキです!
”一本橋を渡る事すら出来ない”と言う恐怖心で、土曜日をどんよりとした気分のまま終えました。

そして緊張の8時限目。 750ccを使い、昨日と同じ4つの練習をスタートです。
一本橋は昨日の失敗(クラッチ離し過ぎ)から、まずは最後まで渡る事を目的とし、半クラを使わず、そのまま真っ直ぐ通過してみます。
するとどうでしょう。
余計な動作に気を取られる心配が無い為、すんなりと15メートルを通過。
これから二輪免許を取る方、初めての一本橋はまずは半クラを使わずに渡りましょう。
じゃないと自信喪失してしまう恐れがありますよ!
(教官が最初から半クラ使えと言ったら使いましょう。 怒られるだけなので。
私の教習所ではまずは渡ってみましょうって言われましたが、私が余計な事をしてただけです。)
2周目から色気を出して半クラを使いはじめてみると・・・ やはり難しくて一本橋後半で下に落ちてしまうことに。
ここで教官アドバイス登場。
上半身が起こり過ぎているから、少し前かがみに。
両腕に余裕が無いと、ハンドルを左右に振れないから。 とのこと。
低速で走るコツですが、ハンドルを左右に振ると車体は安定するのだそうです。
スラロームもアクセルを開けるタイミングが難しく、パイロンとパイロンの間に入る前に開けてしまったり、過ぎてから開けてしまったり。
そりゃもう教官に怒られてしまいますよ…
こうして8時限目終了。
個人的には一本橋を渡りきれたと言う達成感があり、かなり上機嫌でした。
(もう怒られた事は忘れ気味(笑))

9時限目。
8時限目同様の練習を続けます。
鬼門の一本橋を渡りきり、よっしゃー!と心でガッツポーズを決めている所に鬼教官(私の中で最も怖い教官。 推定50歳ぐらい。)に待ったの声が。
気が付かないうちにニーグリップ(ひざで燃料タンクをしっかり挟む事)が出来ていないらしく、こっぴどく怒られました。
ここで一本橋の重要なポイント、コツを教わりました!

〜一本橋のコツ〜
まず両足で立つようにイメージする。 腰を数センチ開けるような感覚で。
すると自然とニーグリップをしています。(しないと立てない)
それで少し前かがみになる感じで両腕をハンドルを振れるように余裕を持たせます。
一本橋には1速で少し勢いを付けて乗り、その後はクラッチを切り、後輪ブレーキで減速。
ニーグリップがしっかり出来ていれば姿勢は安定します。
車体がグラつき始めたら半クラで加速。
ハンドルを左右に振るのも忘れずに。
〜終わり〜

これをイメージすることで、私はなんとか渡る事が出来るようになりました。
400ccでは7秒、750ccでは10秒かけて渡らないといけないので、コツは普段から練習を必死にやった方がいいと思いますよ!

練習を続けていると、教官にお呼ばれしまして、坂道発進、スラロームの二つを重点的に練習する事になりました。
スラロームが上手に出来ていない(アクセルワーク)のです。
まず教官の後ろに乗せてもらい、お手本を見せてもらいます。
自分が運転している時よりも明らかに車体は強く傾いており、アクセルも勢い良く開けているのがわかりました。
(後ろに乗ってる私が落とされる!?と感じるぐらい勢いが良い)
しっかりと車体を傾けないとアクセルを開けた時に反動で倒れてしまうので、恐れず車体を傾けましょう。

とここまでは良いのですが、自分でやるとなると難易度が高いです。
左に傾けた時に左足でギアを踏んでしまい、ニュートラルに入る事も。
コレは足の置き場が前に出過ぎている為で、「ギア抜け」と呼ぶんだそうです。
しっかりと教官に怒られました。
足は後ろの方に置くようなイメージをしましょう。(実際は土踏まずあたりで踏む感じ?)
こうして9時限目が終わりました。
覚える事がたくさんあって難易度がとても高くなりました。
練習をしっかりと積んで、体で覚えられるようにしたいですね。
1週間後、忘れてなければ良いのですが…

でも一本橋を渡るコツを掴めた(教わった)ので、気分は良いです!

いいな〜って思ってるバイク1号。

848.jpg
DUCATI 848
849ccのスポーツバイクです。
日本仕様で129馬力も出ているそうで、速そうですね〜。
(TRIUMPH DAYTONA675と同じぐらいのスペックでしょうか)
何より見た目が格好良すぎますね!
メーカーロゴがフロントカウルにちょこっと書いてあるだけのシンプルさ。
でもお値段が・・・

2号は次回ご紹介の予定。

posted by 格mama at 13:27 | 埼玉 ☀ | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。